BIKE GUIDE|バイクガイド
お問い合わせ会社概要
バイク検索パーツ検索個人売買インプレッション掲示板読者ミーティング今月の記事リンク集



特別付録記事
東海ディスカバーツーリング
東海地区を読者モデルと行くツーリング記事。あなたも一緒に行きませんか? 応募方法は本誌をご覧下さい。

冬晴れの青空の下、 木曽三川の水郷を走る。
思わず秘密にしたい 隠れ家的茶屋
 澄んだ空気に満たされた冬晴れの中、今回出かけたのは三重県の桑名市。木曽川、長良川、揖斐川が伊勢湾に注ぐ河口付近に位置する水郷地区だ。参加者は東海市から来てくれたフォルツァに乗る坂野さんとCB1300スーパーフォーに乗る佐野さん。コンビニで間に合わせてからすぐに向かったのは、国道1号線沿いにある「又木茶屋」だ。  又木茶屋は、郷土の日本画家・佐藤昌胤(まさたね)画伯が生前住んでいた屋敷を当時の長島町が譲り受け、情報交流施設として完成した場所。国道1号線からは看板はあるものの、まるで個人宅のようなたたずまいなので、思わず見逃してしまうかもしれない。施設の前にある駐車場にバイクを止め、門をくぐって中に入ってみると、そこは静寂に包まれた別世界のようだった。
(つづきは本誌にて)

記事コンテンツへ戻る